育て方が楽なタイミングでトマトを育てよう!

初心者には育て方が簡単なトマトの栽培キットが最適!

育て方が楽なタイミングでトマトを育てよう!

男性

栽培キットが便利!

初めて野菜を育てる方やまだまだ自信のない方は栽培キットを利用してみましょう。栽培キットは通常種と鉢植え、土と肥料がセットになっており、購入して手順通りに植えるだけで簡単に野菜を育てることができます。初心者が迷いがちな植える際の深さや水やりの頻度などの手順書が同封されていることが多く悩まずに面倒を見られます。そしてトマトのように育てやすい野菜が選ばれることが多く水やりさえ忘れなければ失敗することはほとんどありません。

苗

トマトが育てやすい時期

トマトは夏野菜なので4月から5月には苗を植えるのが通常です。種から育てる場合はそれに間に合うように2月下旬から3月初めには蒔きましょう。トマトは育てやすい野菜なのでそれより遅れても実を収穫することは可能です。ただし真夏の暑さに弱い作物なので8月は生育が鈍ります。その時期に暑さに耐えられるだけの根を張り栄養を蓄えていれば耐えることができますが最悪枯れてしまうこともあります。種と苗をうまく使い分けて時期を逃さず植えるのが失敗しないコツです。

夏に育てるトマトと冬に育てるトマトは味が異なる?

夏トマトはあっさり

夏は暑いことも手伝って植物が早く育ちます。その分たくさん収穫できますが味はあっさりした味になります。冬はじっくり育つのでその分味が凝縮されてうまみが増します。夏が時期と思われがちなトマトですが冬にも活躍する野菜です。

栄養素も豊富

うまみが凝縮された冬トマトの方が栄養価が高い傾向にあります。トマトの赤色の元であるリコピンやビタミンの含有量が冬トマトの方が高いことが多いです。しかしトマトは寒さに弱く日本ではビニールハウスなしに育てることはできません。育て方に手間がかかる分金額も高くなります。

広告募集中