フローリング

フロアコーティングの評判を見れば長持ちする成分が分かる

施行のベストタイミング

床

新築やリフォーム時に

フロアコーティングを行なう目的は、大きくふたつ挙げられます。ひとつは床の美しさや清潔さを保つため、もうひとつはフローリングの保護です。普段の生活において、木材を材料とするフローリングは、どうしても傷つきやすいものです。とくに台所周りなどは、料理や洗い物をする際に、水や油汚れが床に付着するため、他の場所より痛みやすく、手入れが大変だという特徴があります。一度傷がつくと修復が困難になるため、フロアコーティングを傷の防止と捉えるならば、施行のベストタイミングは、日常生活をする前、すなわち新築時やリフォーム時ということになります。フロアコーティングはワックスと比べて耐用年数が非常に高く、一度処理しておくと、約20年近くは効果が持続します。そしてフロアコーティングを行なうためには、一度すべての家具を移動させる必要がありますが、新築時やリフォーム時であれば、すでに家具のない状態になっているので、そのための手間を省くことができるだけでなく、もっとも新しい状態の床を保存することができます。フローリングの木材そのものの質感や木目の美しさを維持し続けるという意味でも、入居前の施行がベストです。ちなみに、もっとも硬度が固いガラスフロアコーティングとなると、乾燥して使用可能になるまでには9〜10時間ほどかかります。入居してからの施行となると、いろいろと不便な思いをすることになるため、やはり入居する前のタイミングで施行するのが良いと言えます。