トマトを綺麗に実らせる育て方とは?良いトマトの見極め方

トマトを綺麗に実らせる育て方とは?良いトマトの見極め方

苗

トマトを育てる際にあると便利なアイテム

トマトの苗は育つと背が高くなります。支柱があると育った苗を固定することができます。風による揺れも減らすことができ、実が落ちることなく育ちます。まっすぐ育てられれば葉が実の日陰になることも防げます。苗がある程度育ったら支柱に固定しておきましょう。根元から順番に一番太い茎と支柱をしっかりした紐で固定します。

婦人

トマトの品種と苗の選び方

ほとんどのトマトがそれほど苦労することなく育てることができます。品種を選ぶときは食べたいトマトの味から選ぶと実がなるのを楽しみに待つことができます。酸味の強いものから甘みの強いものまで目的や好みに合わせて選びましょう。特に調理用トマトは熱を加えることでうまみが増す専用品種を使うことをお勧めします。実の色も赤だけでなく黄色やオレンジも作れます。

園芸用品

トマトを育てる場所を考える

トマトはプランターや植木鉢でも育てることができます。広い庭や畑がなくともベランダで簡単に育てられるのが魅力です。種から育てるならば芽が出るまでは管理は室内で行いましょう。苗を植えるなら4月から5月終わりまでには植え替えるのが基本です。芽も苗も昼は日当たりの良いところ、夜は暗いところに置きましょう。育った後は重くなり移動させるのが大変なので邪魔にならないところに置きましょう。

加工用トマトと生食用トマトの違いは何?

完熟トマトは加工用

加工用トマトは完熟した果実のみを収穫しています。リコピンの含有量も多いので加工用トマトの果実は真っ赤なトマトが多いです。食物繊維やビタミンの含有量も多く栄養価が高いのは加工用です。育て方は同じなので食べる目的で選びましょう。

味がいいのは生食用

糖度が高く食感がいいのは生食用トマトです。サラダなど生で食べる場面ではやはり生食用がおいしく感じられます。加熱するとうまみが逃げてしまうこともあるので加熱が必要な場面にはやはり加工用が向いています。

広告募集中