初心者でも育て方が簡単なトマトの種類をご紹介

トマトが人気の理由

家庭で初めて野菜を育てるならトマトがおすすめです。ちょっとしたスペースの植木鉢で育てられ場所を取りません。病気にも強いので育てやすく実もカラフルで目も楽しませてくれます。

ミニトマトとプチトマトの違いとは?

指すのは同じトマト

ミニトマトとプチトマトに大きな違いはありません。ミニトマトは品種名、プチトマトは商品名と言われますがほとんどのケースで同じような小さなトマトを指します。

言語の違い

ミニは英語、プチはフランス語なので言語の違いとも言われます。両方とも小さいという意味なので示す大きさは同じです。プチの方が可愛らしい印象があるので売り手が持たせたいイメージ次第です。

購入前に育て方を勉強しておくと安心

大抵の環境で育てることができるトマトですが失敗を少しでも減らすために育て方は事前に調べておきましょう。植木鉢や土から選べるときは購入の参考にしましょう。

人気の高いトマトの品種TOP5

男性
no.1

桃太郎トマト

市場に出回っているトマトの多くがこの品種です。一玉が大きく崩れにくいのが特徴です。病気に強いので育てやすく、初心者でも簡単に実を収穫することができます。

no.2

ファーストトマト

先がとがっており、甘みなるトマトです。水気が多いとうまく育たないので注意が必要です。病気に弱いので連作を避け、苗の状態をこまめにチェックしましょう。

no.3

麗夏トマト

鍋や煮物にしてもおいしい麗夏トマトはトマトの王様とも呼ばれます。病気に強くたくさん実をつけるので楽しんで育てることができます。

no.4

フルティカ

酸味が少なく糖度が硬いのでフルーツの感覚で食べられます。オールシーズンで育てられますがたくましく育つので肥料は控えめにしましょう。

no.5

シシリアンルージュ

調理用トマトの一種です。加熱するとコクが出るのでソースや炒め物に使われます。手をあまり加えずに育てるとおいしさが引き立つので広いスペースを確保して育てましょう。

トマトにはいろんな魅力がいっぱい!育て方を覚えよう

園芸用品

トマトは初心者でも育てやすい

病気に強く、手間もかからないトマトは野菜初心者でも簡単に育てることができます。ただし夏野菜は成長が早いのでうっかりしているとすぐに育ってしまいます。特に苗がある程度のサイズになったとの間引きを忘れると日が十分に当たらず生育を妨げてしまいます。

苗

トマトを育てるメリット

購入するとそれなりの値段がしてしまうトマトも自宅で育てることができればいつでも新鮮なものを食べることができます。買うと高い品種でも苗はそれほど高くありません。夏前から秋過ぎまで長く収穫できるのも魅力です。家計に優しく簡単に食卓を彩る一品を手に入れましょう。

女性

トマトの楽しみ方

サラダなどの食卓に色どりを添えることはもちろん、加熱すると甘みが出るのがトマトの特徴です。収穫したてのトマトをソースや煮物に使うとおいしくいただけます。また一つの茎に鈴なりに生えるトマトは実を見ているのも面白いです。実が色づくのを見守りながら変化を楽しむことができます。

[PR]
トマトの育て方が知りたい
特長や水やりの情報を確認

鑑賞だけじゃない!トマトの魅力

トマトは生で食べるか加熱調理するのが有名ですが凍らせたりジュースにしてもおいしく食べられます。自宅で育てた新鮮なトマトで様々な調理方法を楽しみましょう。

広告募集中